アコム審査

口コミ情報などを見ていると「「A社の審査に落ちたけど、B社の審査は通ったので一安心」と言うのを見かけます。

 

キャッシングの審査基準はどこも同じ、と思われているようですが、実際はそれぞれのキャッシング会社で審査基準が違い、そのため、先ほどの様な事が起こります

 

アイフルで借りたいのならアイフルの審査基準を知る必要がありますし、アコムで借りたいのならアコムの審査基準を知る必要があります。

 

ただ、審査基準は公開されていないので、はっきりした事は言えませんが、ちょっとした基準の違いだけを知っているだけで審査に通りやすくなります。

 

そこで、今回はアコムの審査基準を中心に、通る人と落ちる人の違いを調べてみました。

 

その違いを知って、アコムの審査に挑戦すれば審査に通る確率は高くなるはずです。

 

 

アコムで審査落ちする人

アコムの申込条件は「20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たすお客さま」となっているので、まずはこの条件を満たせば申込は出来ます。

 

ただ、この条件だけを見たいしていれば申込は出来るというだけで、審査に通るか落ちるかの理由は他にもあります。

 

安定した収入が有る事

審査で最も重要視するのが「貸したお金が返ってくるか」という事が重要になります。
其の為「安定した収入」が必要なわけですが、安定した収入とは「毎月の収入があるかどうか」です。

 

収入にも様々な種類がありますが、「給与収入」「不動産収入」「事業収入」「年金収入」などがあり、「給与収入」以外は確定申告書の提出を求められる場合があります。基本的に「安定した収入とは給与収入がある」と考えておく方が無難です。

 

「年金収入」に関しては、年金収入だけでも申込できるところと、年金収入+パート・アルバイト収入が条件と言うところもあるので、調べておく必要があります。

 

 

また、給与収入がどこから入ってくるのかも重要で、そこには職業形態が影響してきます。

パート・アルバイト<一般会社員<大企業の会社員<公務員
の順に審査では有利になります。

 

同じ職業でも

  • 暴力団などの反社会勢力
  • 水商売で働く女性(男性スタッフは問題なし)
  • 勤務先が、過去に名義貸しや詐欺などを行っていた会社

と言う場合、まず審査に通らないと考えておきましょう。

 

金融ブラックは即審査落ち

キャッシングやローンの審査はすべての業者が信用情報機関の個人情報を必ずチェックします。アコムに申込みをすると、申込者の個人情報を信用情報機関へ問い合わせし、これまでの利用状況に事故情報がないかを確認します。

 

その時、個人情報に事故情報が記録されていたら、アコムの審査で落とされる確率が高くなります。事故情報とは長期延滞、債務整理などが有ればその内容によって一定期間事故情報が掲載されます。ただし長期延滞の場合は、即審査落ちとならないケースもあります。

 

それはすでに延滞が解消されている場合で、長期延滞を起こしたあと、滞納分の支払いが完了している場合で、その事も延滞解消記録として信用情報に残り、アコムの場合、延滞解消記録があれば即審査落ちとせず、審査を続行するケースもあります。

 

他社借入れが多い人

個人情報には現在の他社借入状況も記載されているので、審査のときは当然チェックされるのですが、すでに他社からの借入れが多い場合、審査に落ちする可能性があります。

  • 借入残高が年収の3分の1に近い、もしくは超えている場合。
  • 5件以上貸金業者から借りている。

このような状況の場合は、即審査落ちとなります。

 

審査は通ったけれど少額融資になる場合

審査結果で、限度を下げることを条件に審査に通るという事があります。

  • 65歳以上の人は再雇用で勤めても収入が引くなる事が多いので限度額を下げられる場合があります。
  • パートやアルバイトの方のような年収60万円以下の方は利用限度額が10万円以下になる確率が高いです。
  • 勤続年数はせめて半年以上と言われていますが、アコムはひと月未満でも融資が可能で、その場合10万円以下の利用限度額で審査に通ることがあります。

 

アコムの融資限度額は最低で10万円に設定していますが10万円以下になる場合もあります。それは総量規制の決まりで「融資限度額は年収の3分の1以内」と決められています。

 

たとえば、年収300万円の人が、他社ですでに95万円借りているとすると融資限度額は100万円以内という事になるので、いくら多くても100万円-95万円=5万円以上は融資できないということになります。

 

アコムの審査に通る人

以上アコムで審査落ちする可能性が高くなる原因を挙げてみましたが、この条件と反対の状況であれば当然、審査に通りやすいと言えます。

  • 安定した収入をもらっている(毎月給料がある)
  • 個人情報に事故情報がない
  • 過去にアコムで延滞をしたことがない。
  • 貸金業者からの借入れが3件以下である

など、すぐに解消できる事や、時間をかけないと解消できない事もありますが、ひとつでも接触すると審査に通らない、という事はありませんので、事前に解消できるところは解消してから申込む事が重要です。

 

アコムの審査に通るポイントを抑える

 

キャッシングの申込をすると審査があります。
当然ですが、審査に通らないと融資は受けられません。

 

審査を受けた方ならわかると思いますが、審査結果が解るまでは他の事に手が付けられなかったという事もあります。

 

 

中にはこれから「アコム」へ申込もうと思っている方もおられますので、アコムで審査落ちしない為に注意点を挙げてみました。

 

申込書の記入ミスに注意

最も多いのが、申込書に記入した内容と、本人確認書類の内容が合わないというのが多いようです。特に運転免許の住所変更をしていない人や、引っ越して間もないという場合は注意が必要です。

 

また、単純ミスであっても、内容によっては嘘の記載をしていると思われてしまう事もあるので記入ミスがあると、再確認で時間を取られ、即日融資で借りられなくなる事もあるので、記入内容を再確認してから送信ボタンを押しましょう。

 

嘘を書いてもすぐばれる

アコムでお金を借りるには安定した収入がある事が条件です。
たとえば、すでに会社を退職しているのに、まだ勤めているように書いて申込をしても、勤務務先に在籍確認の電話が入るので、嘘はすぐに分かってしまいます。

 

また、現在の職場を変わる予定がある方は、転職前に申込ましょう。
なぜなら審査では勤続年数が重要だからで、転職すると勤続年数が0年になるので審査は厳しくなります。

 

また、年収は審査への影響は小さいようなので正直に申告しましょう。
年収の大小より勤続年数の方が重要視されます。

 

アコムのデータベースで勤務先の規模、役職、勤続年数などで、おおよその年収は分かるので、それとあまりにかけ離れていると収入証明書類の提出を求められる場合もあります。収入証明書を求められると嘘の収入を書いている事がばれてしまい、通る審査も通らなくなることもあるので注意が必要です。

 

他社借入件数

他社での借入件数や借入金額は審査に影響します。
この項目は信用情報機関の個人信用情報を調べればすぐにわかるので借入件数や借入金額がいくら多くても正直に書きましょう。

 

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどの借入は、他社借入れにならないので、その借入金額は記入する必要はありません。

 

アコムの申込をする時は、特に上記注意点に気を付けて申込しましょう。

 

 

アコムの審査に通らない人とは

キャッシングの申込をしたけれど、「A社の審査には通らなかったけど、B社の審査は通った」という書き込みを見かけます。

 

キャッシングの審査はどこも同じ、と思われがちですが、実際はキャッシング会社ごとに審査基準が違います。「アコム」で借りる時はアコムの、「プロミス」で借りたいのならプロミスの審査基準を知っておく必要があります。

 

 

アコムの審査で落とされる人

アコムのホームページには申込条件として、「20歳~69歳までの安定した収入と、返済能力を有し、当社基準を満たすお客さまはお申込み可能」と書かれています。ただ、これはあくまでも申込条件なので、この基準を満たしていても審査に通らない事があります。

 

ここに書かれている安定収入ですが、アコムが重視するのは、毎月収入があるかどうかです。3ヶ月に一度とか、半年に一度というように連続しては要らない場合は、安定収入と認められません。なお収入は(固定給・歩合給・時給制)といった区別はありません。

 

 

信用情報機関の事故記録

アコムに限らず、どこの審査でも必ず信用用情報機関に問い合わせします。
信用情報機関の個人情報にはその他のローンやクレジットカードなどの利用記録が記載されています。

 

アコムに申込みをすると、自社が加盟している信用情報機関に、これまでの利用状況に不安要素がないか確認します。もし、個人情報に「延滞」や「債務整理」などの金融事故が記録されていたら、アコムの審査は通りません。

 

個人情報には、現在の他社借入状況なども記録されているので当然チェックされます。
アコムの場合「貸金業者からの借入れが5件以上ある」と言う方は残念ながら審査に通らないようです。

 

 

職種で影響する事もある

職業形態は、パートやアルバイト、契約社員でも問題はないのですが、職種については制限があります。

 

例えば「過去に集団名義貸しや詐欺などを行っていた会社に勤めている」人や「水商売で働く女性」「暴力団などの反社会勢力」の人は、職種を変える必要があります。

 

これらを含めて審査を通したいと思ってウソの記載をすると、審査に悪影響を及ぼします。
場合によっては真偽を確認するために余計な時間がかかるので、記載内容は正直に書くことが重要になります。

更新履歴